必要以上に使いすぎてしまうと細菌がどんどん強くなるので注意

男性がうっかりミスによって性病になってしまったというのならば、誰にもバレないうちに一刻も早く治さないと!と思うあまりに大量の抗生物質を摂取してしまうかもしれません。

結婚しているにも関わらずに風俗遊びをして移されたてしまった。という状況だと奥さんにバレたらもの凄く怒られると予想できますし、焦ってしまいますが飲み過ぎは良くないですよ。

カプセル状のお薬が二つ

何回も使用すると

何度も何度もクラミジアのような性病を貰ってきてしまっていて、その度にジスマロックのような抗生物質で治療している。という人はこれから特に注意していかなくてはいけません。

抗生物質というものは体内の細菌をどんどん消していってくれる薬なのですが、中には生き残る細菌もいます。そのようなものたちはどんどん強くなっていき耐性菌と呼ばれるようになります。

薬が効かなくなる

感染したばかりの頃は強力な抗生物質でなくとも退治できていたとしても、どんどん繰り返して使用していくことによっていつか薬では消せないような細菌が出現してしまいます。

そうなると今度はより強い薬を摂取して…。という事態になるのですが、いつまで経っても終わらないいたちごっこを続けることになってしまうので、心休まる暇がなくなってしまうでしょう。

まずは健康になろう

一度抗生物質に頼ってしまうと腸内の環境が元通りになるまで一年間ほど必要になるという話もありますし、あまり薬に頼らないで健康的な肉体を作ることを目指した方がいいかもしれません。

また、性病をよく移されてしまう。という人ならばそもそもの原因である女遊びを断たないと根本的な解決はできませんので、パートナー以外との性行為を慎むようにしていってください。