抗生物質を服用する時は注意点をしっかり確認しておこう。

抗生物質というと何となくサプリメント的なイメージを持ってしまっている人たちも多いかも知れませんが、立派な薬になっているので飲み方をきちんと確認しておく必要があります。他にも注意点というものはたくさん存在しているので、飲みさえすればなんでもいいんだろう。

というようないい加減な態度を取らずに何がいけないのかをきちんと知っておきましょう。

抗生物質を服用する時は注意点をしっかり確認しておこう。

他の薬と同じように

何かしらで体調を崩してしまって病院で診察を受けたのならば、お医者さんから病状を説明してもらってから帰り際に薬を処方されると思いますが、注意事項をしっかり読んでいますか?種類によっては過剰摂取をしてしまったら副作用に苦しめられたり、誤った飲み方をすると逆効果になったりという説明も明記されているはずなので、読み飛ばさないようにしましょう。

そこまで重症ではなかったというのならば、思わず安心してしまって適当に摂取していってしまうかもしれませんが、きちんと飲まなかったばっかりに苦しむことになる可能性もあります。抗生物質に関しても全く同じことが言えますし、そもそも種類はたくさんありまして薬剤師ですら全部の名前をきちんと把握はしてないというのですから、一緒くたに考えないようにしましょう。

今回飲むのはこういう薬なのか…。という風に事前にしっかりと知っておくのも重要になってきますし、自分の身体に多大な影響を及ぼす薬なのですから気を付けなくてはいけませんよ。

効果を出すために

一応言われた通りに飲んでいるんだけれども、あまり効果が実感できないなあ…。なんて思ってしまっていると指示されている用量を守らずに過剰摂取してしまいたくなるかもしれません。一刻も早く元気にならないと仕事にも支障が出てしまう!という風に焦っていると薬に縋りたくなる気持ちも理解できるのですが、定められている以上を飲んだとしてもあまり意味はないでしょう。

効果を出すために

それどころか、却って健康を損ねてしまうような結果にもなりかねませんし、早く治したいと願っているのならば最善はゆっくりと療養することだといえるでしょう。焦りは禁物です。また、抗生物質というのは身体の中の細菌を退治する役目がありますが、摂取すると良い菌までも殺してしまうというケースもあるので、闇雲に飲めばいいというわけではありません。

クレジット■クラリス(クラリスロマイシン)の個人輸入代行 http://www.idrugmt.asia/drug/clarith.html

メリットもデメリットも併せ持っています。特に身体には何の問題もないのに、余っているし健康によさそうだから飲んでおこう!という軽い考えてで摂取してしまっていると不健康になってしまうかもしれないので注意してください。

健全な生活を送るには

抗生物質が必要になるのは風邪を引いてしまった時に二次感染を防ぐ時や、クラミジアのような性病の治療をする時に用いられるのですが、効果が高い分使い方も守らなくてはいけません。少し飲んだだけで快方に向かっているようだから、もう飲まなくても大丈夫でしょう!なんて素人が勝手に判断してしまっていると気付かないうちに症状が悪化することもあるでしょう。

どれだけ良くなってきたと自分で判断できているのだとしても、きちんとした病院で検査をして完治したとお墨付きを貰わない限りは決して安心できないことを重々承知しておいてください。どのような仕事をしていても人間は身体が資本だと断言できますし、健康で過ごすためには薬だってきちんと飲んでいかなくては台無しになってしまうので、服用する以上は注意事項を守りましょう。

抗生物質を飲んでいる時にカンジダになりやすいって本当ですか?抗生物質は免疫力を下げてしまうのでカンジダになりやすくなる

抗生物質を飲んでいる時にカンジダになりやすいって本当ですか?抗生物質は免疫力を下げてしまうのでカンジダになりやすくなる

病気や怪我の時に大活躍してくれる抗生物質ですが、その抗生物質を飲んでいるとカンジダになってしまう可能性が上がるという話を聞いた事がある人も多いでしょう。実際のところどうなのか、解説をしていきます。

抗生物質を飲んでいる間は確かにカンジダには注意が必要

そもそもカンジダというのは自ら発症をしてしまうタイプの女性に多い性病です。そしてこのカンジダの発症原因になるのが、免疫力や体力の低下です。抗生物質を飲むと体中の細菌が死滅するのですが、その際に良い菌も一緒に死滅させてしまい、免疫力というのはかなり落ちます。

そして抗生物質を飲むという時には病気などで体力も普段より落ちている事でしょう。このように抗生物質を飲むという状況においては、カンジダを発生させてしまいやすい条件が揃ってしまうのです。それを考えれば、確かに抗生物質を飲んでいる間というのは普段よりもカンジダにかかってしまいやすく、注意が必要であると言えます。

無闇に抗生物質は飲まない

この抗生物質によるカンジダ予防のためには、無闇に抗生物質を飲まないという事が大切です。例えばちょっとした風邪でも抗生物質を出す医者は少なくありませんが、風邪くらいで抗生物質を飲む必要はない、むしろ飲まない方が良いという見解を持った医師もいます。

なので風邪などそのくらいの病気でも抗生物質を出すか出さないかは医者の好みと言っても良いでしょう。一度カンジダになってしまっていたり、抗生物質を飲む度にカンジダになっているという方は、できれば女医に相談をして抗生物質を処方しない方向で治療を進めてもらいましょう。

このように、どうしても抗生物質が必要という時以外には抗生物質は避けるというのはとても大切だと覚えておきましょう。抗生物質は抵抗力や免疫力を落としてしまうデメリットがあるため、カンジダも発症しやすくなってしまいます。ちょっとした風邪程度のもので無闇に抗生物質を飲んだりしないように気をつけましょう。